読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フライ散文詩。日常の唄。

日々に感じたことを自由詩で記録します。

気がつくと。

 

そこはパリだった。公園にいた。

わたしはまた眠りこけた。

 

 

気がつくと、景色は変わっていた。

ブリュッセルの片隅にいた。

黒猫が目の前にいた。わたしが見つめるとどこかへ行ってしまった。

 

わたしは再び眠りに落ちた。

 

気がつくと、わたしは氷上にいた。遥か前に犬ゾリが走っていた。声は聞こえなかった。どうやら南極のようだ。隣にロシア人らしき男性が居た。話しかけた。

 

わたしは誰でしょうか。ロシア人に聞いた。

ロシア人の口が開いた瞬間、とてつもない眠気がわたしを襲われ、わたしは眠りに落ちた。

 

 

次はなかなか目覚めなかった。

 

 

大分寝ていたようだ。

気がつくと炬燵の中にいた。自分の手に皺が刻まれていた。焦ってそばにあった鏡を見た。

髪が真っ白だった。

 

何歳なんだ。

背後に妻らしきおばあさんが台所で味噌汁らしきものを作っていた。

 

 

おい、わたしは何歳なんだ?

 

あなた、何言ってるの?大丈夫?

おばあさんが振り返ったその瞬間、顔を見れぬまま、わたしはとてつもない眠気に誘われ再び目を閉じた。

 

今度はすぐに目が覚めた。

 

なんだか騒がしい。小さな子がわたしを覗き込んでいた。びっくりした。

わたしは飛び起きた。起き上がったとたん、足がもつれた。

身体が思うように動かない。足が短い。

…小さい子になっている。

ねぇ、ちーちゃん、だいじょうぶ??

ちーちゃん?

確かに、千尋。俺は千尋だ。

 

いきなり目の前の景色が消え、ビジョンは晴れて行った。

わたしはテュイルリー公園のベンチに腰掛けていた。

 

目が覚めた。そうだ。わたしはパリにいたはずだった。

 

いや、パリの前にどこかにいたはずだ。どこだろうか。いやいなかったのかもしれない。

今のリアルな場所の遷移はなんだったのか。

 

わからないまま、穏やかな陽光の中。ふたたびテュイルリーのベンチで眠りに落ちていった。

 

 

 

 

 

 

昼に起きだした。

 

もう昼か。

 

なんだか走っても走っても前に進めない夢を見た。夢の中で徒労感に疲れていた。もどかしかった。

 

走っても進まない夢は何か困難にぶつかっている証拠らしい。

 

大きな迷いを抱えている。今に始まった話じゃない。

 

そう。だからたまに見るのだ。もう8年ぐらい、たまに見る。走っても進まない夢を。

 

 

決断しない限りこの夢を見るのだろう。そのままか、変わるか。

 

はぁ。

 

起きてもそれに苛まれるのは嫌だな。

 

ならば、何か食べて、温泉でも行こうかな。

今日は休みだし、とりあえず休憩しましょうよ。

 

もう少しでこのもどかしさから抜け出られるような気がするんだ。

日本酒

 

いやー、飲んだ。

はぁ、良かった。

 

今日はなんだかいろんなことが頭に流れ込んで来て、思いの洪水に溺れてつらかった。

 

何から決めたらいいの?

何を決めなくていいの?

 

僕はどこに流れていくの?

 

暗闇だけが目の前にあった。底なしに吸い込まれていく海。

 

幾度となく溺れてはうきあがる。その度に僕は強くなるのか、弱っているのか。

 

もうなんだかよくわからないな。

 

だから日本酒を飲むしかない。できるだけスッキリしたやつを頼むよお兄さん。

 

明快なやつ。

暗闇の渦になった頭を解きほぐしておくれ。

 

料理の湯気が舞った。

また今夜も生き延びれそうだ。

 

ありがとう。お兄さん。

 

サヨナラ。転勤にて。

 

定点観測
僕らは、あなたをずっと観察していました。

右から。斜め右から。斜め左から。
たった一瞬。525,600分。


好きでした。
あなたを見ているのが。

応援していました。
あなたの眼差しを。


時はあっという間に過ぎ去り、
流星雨のように駆け抜けていきました。


そろそろ星を移らなければなりませんね。
次は何光年先で出会えるのでしょうか。

または、もう出会えないのでしょうか…


ただ今は、
火花のように温かな残像を
残してくれて、ありがとう。


僕らの海馬の片隅に。
そして、
あなた自身のまぶたの裏側に。


いってらっしゃい。
またいつかどこかで。